新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年04月28日 07時16分 JST | 更新 2020年04月28日 08時32分 JST

岡村隆史さん、新型コロナで「可愛い人が性風俗に」ラジオでの発言をニッポン放送が謝罪

新型コロナによる生活苦で「短時間ですけれども美人さんがお嬢(性風俗サービス従業員)やります」と発言。スタッフも笑い声をあげていた。

ナインティナインの岡村隆史さんが、ニッポン放送のラジオ番組で、新型コロナによる生活苦で「可愛い人」が性風俗店で働くことになるのを楽しみに待とうと呼びかける趣旨の発言をしたことについて、ニッポン放送は4月27日、公式サイト上に「認識の不足による発言」とする謝罪を掲載した。

岡村さんの発言は4月23日の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」でのもの。

リスナーからメールで寄せられた「新型コロナウィルスの影響で、風俗店に行けない」という悩みに答える形式で、「コロナが収束したら絶対おもしろいことあるんですよ」と前置きし、「コロナ明けたらなかなかの可愛い人が、短期間ですけれども、美人さんがお嬢(性的サービスを提供する店員)やります。これなぜかと言えば、短時間でお金を稼がないと苦しいですから」と発言。

さらに「3ヶ月の間、集中的に可愛い子がそういうところでパッと働きます。そしてパッとやめます。それなりの生活に戻ったら」とし、「その3ヶ月のために頑張って今は歯食いしばって頑張りましょう」「ぼくはそれを信じて今頑張っています」と結んだ。

また、スタッフからも何度も笑い声が上がり、たしなめるような発言はなかった。

この発言は、新型コロナによる生活困窮で、女性がやむを得ず風俗店で働くことを歓迎しているもので、「女性への搾取発言」「貧困問題を軽視している」と批判の声が挙がっていた。

ニッポン放送が掲載した謝罪文は以下の通り。

4月23日(木)深夜に生放送の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」において、パーソナリティの岡村隆史氏から、現在のコロナ禍に対する認識の不足による発言、また、女性の尊厳と職業への配慮に欠ける発言がございました。

放送をお聴きになって不快に感じられた皆様、関係の皆様にお詫び申し上げます。

弊社番組に関わる全ての制作スタッフには、迅速に、より一層の教育を図ってまいります。

2020年4月27日 株式会社ニッポン放送