WORLD
2019年03月22日 12時27分 JST | 更新 2019年03月22日 12時28分 JST

「ペット歓迎」の店、本気度を試そうとした男の行動が激ヤバだった。

ブラウニングさんが連れていったのは、アフリカ原産の大きな牛。一部始終をとらえた動画を投稿しました。

「ひもでつないでいれば、どんなペットでも歓迎します」という張り紙をしたお店に、その本気度を試そうと訪れた男性とペットが話題になっている。

テキサス州に住むヴィンセント・ブラウニングさんは3月18日、愛牛のオリバーをひもでつないで、張り紙をした大手ペットショップ「Petco」を訪れた。

オリバーはアフリカン・ワツシ(African Watusi) という、大きな角を持つアフリカ原産の牛だ。

facebook / Oliver the African Watusi
オリバーとブラウニングさん

ブラウニングさんにとってはペットでも、見た目がいかつい巨大な牛を、店はペットとして歓迎してくれるのだろうか。

ブラウニングさんが、一部始終を撮影した動画がこちら。

 

オリバーを見たスタッフたちは、恐れたり入店を拒んだりすることなく、珍しいお客に近寄ってきて頭を撫で、温かく出迎えている。

「Petcoアタスコシタ店の素晴らしい店員は、私たちをがっかりさせませんでした!私たちを心から歓迎してくれました。この店のスタッフは、いつでもフレンドリーで、丁寧に対応してくれます」とブラウニングさんはFacebookに綴る。

PetcoもFacebookに、「我々の『ひもで繋がれているペットはすべて歓迎』ポリシーは本当です」

「大好きなお客様が、特別なペットと来店してくれました」と、オリバーの来店を歓迎するコメントをしている。

大きな体と角で、一見いかつく見えるオリバーだが、性格は穏やかでよく訓練されているようだ。

3万8000人がフォローするオリバー自身のFacebookには、オリバーがヴィンセントさんを乗せて町の中を歩いたり、猫と顔をくっつけあって交流する様子も映っている