アート&カルチャー
2019年03月11日 11時02分 JST | 更新 2019年03月11日 11時04分 JST

『カメラを止めるな!』のテレビ初放送、視聴率は11.9%と好調

『カメ止め』のテレビ初放送。Twitterも盛り上がっていました!

(C)ENBUゼミナール

昨年大ヒットした映画『カメラを止めるな!』が8日、日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』(毎週金曜 後9:00)でテレビ初放送され、平均視聴率が11.9%だったことが11日、わかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 

同作は昨年、製作費300万円と超低予算のインディーズ映画ながら口コミによって大きな話題を呼び、興行収入30億円を突破、累計250館以上で公開と異例のヒットを記録。先日、日本アカデミー賞で最優秀編集賞を受賞した。 

完全ノーカットだった今回の放送では上田慎一郎監督の監修のもと、カメラ1台でワンシーン・ワンカット撮影に挑んだ作品冒頭からの約40分間で、CMを入れずに続けて放送。こちらも注目を集めた。