アートとカルチャー
2020年02月10日 10時59分 JST | 更新 2020年02月10日 11時04分 JST

【アカデミー賞2020】ポン・ジュノ監督、『パラサイト』で脚本賞を受賞 「韓国にとって初のオスカーとなりました」

6部門にノミネートしている「パラサイト」。注目です!

Kevin Winter via Getty Images

『パラサイト』の監督を務めた韓国のポン・ジュノ氏と脚本を手がけたハン・ジンウォン氏が、「第92回アカデミー賞」で脚本賞を受賞した。

ステージに上がったポン監督は、「これは韓国初のオスカーとなりました。ありがとうございます」と感慨深げにスピーチした。

「シナリオを書くことは、孤独で寂しい作業です。国を代表して書くわけではありません。でも、これは韓国にとって初のオスカーとなりました。ありがとうございます。いつも多くのインスピレーションをくれる妻に感謝します。また俳優全員にも感謝します」

これまで『殺人の追憶』や『母なる証明』など、国際的にも高い評価を受ける作品を手がけてきたポン監督。『パラサイト 半地下の家族』はカンヌ国際映画祭でも最高賞のパルムドールを受賞し、日本でも大ヒットとなっている。

同作はアカデミー賞で作品賞を含む6部門にノミネートされ、注目を集めている。