サバは嫌! 安い魚を拒否する日本のペンギンが海外で反響 「王よ、あなたは自分の価値を知っている」

物価高騰で、メニュー変更を余儀なくされた箱根園水族館。ペンギンたちの拒否姿が話題になっています

物価の上昇を受けて、ペンギンやカワウソの餌のメニュー変更を余儀なくされた神奈川県の箱根園水族館

動物たちにとって、変更は受け入れ難いものだったようだが、安い魚を拒否するペンギンたちの姿が、海外で話題になっている。

AFP通信によると、箱根園水族館はペンギンとカワウソの餌のアジを、値段の安いサバに切り替えた。

しかし、この変化を喜ばないペンギンもいた。飼育長の島本大樹さんは、「初めは口にするのですが、気に入らず口から出してしまいます」とAFP通信に話している。

カワウソも同じように、サバを拒否しているという。

アジの価格高騰の背景には、全般的な物価上昇だけではなく、漁獲量の減少という問題もある。

Viceによると、水族館は5月からサバを与え始め、徐々にその量が増えていったという。

島本さんは「動物たちが味の違いを認識しているのかわかりませんが、慣れていないようです」と同メディアに話している。

しかし、ハンガーストライキは効果を発揮しているようだ。

「新しい魚を拒む子には、これまで通りの餌を与えています」と島本さんは述べている。

一方、味にこだわりのあるペンギンたちは、Twitterでファンを増やしている。

CNNのジェイク・クォン氏が魚を拒否するペンギンの画像をツイートした後、さまざまな反応が投稿されている。

「王よ、あなたは自分の価値を知っている」

「彼らは、もっと良い食べ物を受けるに値する」

「これは自社ブランド製品しが残っていない時の私の反応」

「これが世界の労働者の姿だ。団結しよう」

「天然ではなく養殖のサーモンを与えようとした時のうちの猫もこんな感じ」

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。