はじめてのSDGS
2020年05月20日 18時02分 JST | 更新 2020年05月22日 14時15分 JST

ペットボトルはもう古い?1年で分解される植物製ボトルを製造へ。コカコーラもサポートを表明

ビールや炭酸飲料が、植物ボトルに入って売られるようになるかもしれません

近い将来、コーラやビールが植物からできたボトルに入って届くようになるかもしれない。

オランダの企業アバンティウムが、植物からできたボトル製造への大型投資を、2020年内に開始する予定だとガーディアンに語った。

すでに、コカコーラやカールスバーグ、ダノンといった大手企業が、この「ペーパーボトルプロジェクト」へのサポートを表明しているという。

イブニング・スタンダードによると、これはスウェーデンの包装資材企業BillerudKorsnäsとオーストリアのボトル製造企業ALPLAが立ち上げたペーパーボトル製造企業「Paboco」との、共同プロジェクトだ。

ペットボトルは、石油からつくられるポリエチレンテレフタレート(PET)と呼ばれる樹脂から作られている

しかし、アバンティウムらが作るボトルには植物の糖から作られた、ポリエチレンフラノエート(PEF)というプラスチックが使われている

アバンティウム最高責任者のトム・ヴァン・エイケン氏は「このプラスチックには、魅力的な持続可能性があります。石油を使いませんし、リサイクル可能です。また、普通のプラスチックよりずっと早く分解されて、自然に戻ります」とガーディアンに説明する。

リサイクルするのが理想だが、コンポスターを使うと1年で分解され、屋外に置いたままの状態だと数年で分解されるという。

ビールやコーラのような炭酸飲料も入れられ、2023年までには店頭に並ぶ予定だ。 

■プラスチックゴミの解決につながる?

Westend61 via Getty Images
Empty plastic bottle lying on stony beach at seaside

大量のプラスチックゴミが、世界中で問題になっている。中でも深刻なのが、プラスチック廃棄物による海洋汚染だ。  

東京農工大学の高田秀重教授は、「プラスチックは自然分解されないので、海に流出したプラスチックは、紫外線などにより微細なマイクロプラスチックとなり、海洋全体に漂い続けています。それにより、小魚などに取り込まれ、生態系に悪影響を及ぼしています」と2019年のハフポストの番組で語っている

世界中の企業や自治体がプラスチックゴミ削減問題に取り組む中、この植物製のボトルがどんな影響を与えるのか注目が集まる。