ライフスタイル
2019年04月28日 18時16分 JST

東京レインボープライド、飲食物も虹色に 見た目でも楽しめるユニークなフードの数々を紹介

レインボーの食べ物や限定フードが会場で食べられます

日本で最大級のLGBTQイベント「東京レインボープライド」が4月27日に始まりました。

メインイベントである、「プライドフェスティバル」が東京・代々木公園で28、29日に開催。2019年は過去最多となる223ものブースが会場に軒を連ねました。

Rio Tashiro
東京レインボープライド 2019の会場

フェスティバルの楽しみの一つといえば、食べ物です。

プライドフェスティバルでも、レインボーカラーの食べ物や、イベント用の限定フードが用意されています。

EYES OF THE FIRE

キッチンカー「EYES OF THE FIRE」が提供するのは、レインボー餃子。パリパリした皮にかかっているのは、なんとレインボーカラーの明太子マヨネーズ。味もさることながら、見た目でも楽しめる一品です。

Rio Tashiro

餃子を作っているのはレズビアンのまめしばさんとMEGさん。ふたりは6月15、16日に新潟・苗場で参加者を女性に限定したフェスを開催する予定で、それに先立ってプライドフェスティバルで、餃子のキッチンカーを出店しました。

苗場のフェスは女性限定ですが、体の性別に関係なく、心が女性的〜中性的であれば誰でも参加できるそうです。

Rio Tashiro
MEGさん(左)とまめしばさん

イケア

ピンク色にレインボーの模様が入った、見た目もキュートなキッチンカーで参加したのはイケア・ジャパン。売っているのは、東京レインボープライド限定のレインボーホットドッグです。

Rio Tashiro

ピンク色のパンに、ケチャップとマスタード、オニオンチップスをかけて、グリーンのピクルスを乗せたら出来上がり……ですが、ちょうどお店を訪れた時にピクルスを切らしていたため、写真は緑抜きのレインボーホットドッグになってしまいました。

ピクルスがなかったのは残念でしたが、ピンク色のパンは甘みがあって優しい味。オニオンチップスが香ばしいホットドッグです。

足湯Cafe&Barどん浴

新宿2丁目にある「足湯Cafe&Barどん浴」も出店。人気No.1のローストビーフ丼には、午前中から行列ができていました。

ローストビーフがたくさん乗っているのでボリュームたっぷりですが、和風あっさり味なので、あっという間に食べられます。

Rio Tashiro

どん浴は、セクシュアリティや年齢、国籍を気にせず、誰もが安心できるカフェだそうです。

店舗では足湯もできるそうなので、遊びに行ってみては。

台湾佐記麺線

新宿に店舗のある台湾佐記麺線は、毎年プライドフェスティバルに出店しているお店です。麺線は、カツオだしのトロトロスープに細麺が入った、優しい味の台湾のソウルフードです。

Rio Tashiro

台湾では、5月にアジアで初めて同性カップル同士の結婚が合法化されます。

合法化を後押しした、台湾の人権団体「台湾伴侶権益推動連盟(TAPCPR)」もブースを出していて、台湾同性婚の道のりが詳しく紹介されています。

ヴィルゴビール

レインボープライドでは、ビールもカラフルに。墨田区の地ビールメーカー「ヴィルゴビール」が提供するのは、イエロー、ブラック、グリーン、レッドの4色のビールです

イエロー、ブラックのビールはよく見かけるけれど、グリーンとレッドは何の味?

答えは、グリーンがライチ、レッドがピンクハチミツレモンエールでした。甘みの中に、爽やかな苦味を感じるビールです。

ほかにも、30以上の飲食店が出店しています。GW前半、ユニークなフードメニューを楽しみながら、プライドフェスティバルに足を運んでみてはいかがでしょう。