WORLD
2020年01月13日 10時31分 JST

エリザベス女王、ハリー王子と夫婦の今後について協議へ

ハリー王子とメーガン妃夫妻は英王室の主要メンバーから身を引く意向を示しています。

朝日新聞社
ロンドンのバッキンガム宮殿で2018年7月、エリザベス女王(左端)と並んだメーガン妃とハリー王子=AP

英エリザベス女王、ハリー王子と協議へ 父・兄も同席

 英国のハリー王子(35)とメーガン妃(38)夫妻が王室の主要メンバーから身を引く意向を示した問題で、エリザベス女王(93)が13日、ハリー王子と父チャールズ皇太子(71)、兄ウィリアム王子(37)を英東部サンドリンガムの邸宅に招き、夫妻の今後について話し合う。結論が出るかは見通せないが、女王は数日中に決着させたい意向だという。

 英メディアによると、この問題について、ハリー王子が女王らと対面して話し合うのは初めてとなる。夫妻はクリスマス休暇をカナダで過ごし、7日に英国に戻った。その後、メーガン妃は再びカナダに渡り、昨年5月に誕生した長男アーチー君と一緒に過ごしており、13日の話し合いには電話で参加する予定という。

(朝日新聞デジタル 2020年01月13日 08時49分)

関連ニュース