WORLD
2019年06月13日 14時29分 JST | 更新 2019年06月13日 14時32分 JST

香港デモの中継レポーターに降り注いだ優しさ。催涙ガスが放たれた現場でデモ隊の取った行動に感謝の言葉

「ご覧のようにデモの参加者も、今ここで何が起きているのかを伝えるのを助けてくれています」

6月12日には主催者発表で103万人が参加するなど、香港社会全体を揺るがしている「逃走犯条例」の改正反対デモ。

海外メディアも多く現場に詰めかけているが、中継を行っていたレポーターに対し、デモ隊が見せた「優しさ」が注目を集めている。

■デモ中に催涙ガスが...

中継をしていたのはアメリカのテレビ局CBSのラミー・イノセンシオ特派員。

ラミーさんたちのクルーは、警官隊がデモ隊のいた場所に近づいてくる様子を伝えていたが、現場では催涙ガスが使われていたという。

ラミーさんは防護マスクなどを付けずに中継を続けていたが、その場を通ったデモの参加者が、ラミーさんに傘を無理やり持たせるように手渡しのだ。

戸惑いつつも、お礼をのべるラミーさん。続けざまに、中継画面の外から手が伸びてくると、今後はラミーさんの頭に白いヘルメットを被せた。

「ご覧のようにデモの参加者も、今ここで何が起きているのかを伝えるのを助けてくれています」とラミーさん。デモ隊の気遣いも中継してみせた。

傘やヘルメットが、どの程度催涙ガスを防ぐのに効果的かは分からない。しかし、ラミーさんは、当時の動画とともに、デモ隊への感謝の言葉をTwitterに投稿した。

「香港のデモに参加している若者たちは親切だ。感謝の意を込めて、この動画を投稿する。仲間が警官隊の放った催涙ガスに巻き込まれた。傘とヘルメットが押し付けられたんだ。誰がやってくれたかは分からないけど、気遣いに本当に感謝しているよ」とツイートした。