WOMAN
2019年03月16日 12時06分 JST

国際女性デーを盛んに祝うロシア。プーチン大統領も激アツメッセージ。「女性の寛大さは無限だ」

「女性の存在抜きにロシアの歴史と発展はなかった」とも断言

Sputnik Photo Agency / Reuters
国際女性デーに合わせ、女性警察官らと乗馬するプーチン大統領=3月7日、モスクワ

女性の権利向上を訴える「国際女性デー」(3月8日)。日本でも近年定着しつつあるこの記念日は、元々アメリカが発祥だ。

1904年3月8日、ニューヨークで女性労働者たちが女性の参政権を求めてデモを起こした。これがきっかけとなって、この日を国際的な記念日とすることになった。

だが、そんなアメリカに負けず劣らず、国際女性デーを盛んに祝う国がある。ロシアだ。

帝政末期の1917年、現在の暦で3月8日あたる2月23日に首都ペトログラード(現サンクトペテルブルク)で女性労働者たちが食糧不足を訴えるストライキを実施。帝政打倒のうねりへとつながったことなどから、ロシアでは最も重要な祝日の1つとなっている。

プーチン大統領はこの日、女性の警察官が働く騎馬隊の訓練施設を訪問。女性警察官らと一緒に乗馬をしながら激励した。

ロシア大統領府は、プーチン氏が女性に対する感謝の言葉を述べる動画を発表。その中でプーチン氏は「女性の寛大さは無限だ」などと述べた。

プーチン氏のあいさつの全文は次のとおり。

親愛なる女性の皆さん!


国際女性デー、おめでとうございます。この祝日はすべての人々が敬愛しています。


春の訪れを告げるこの日はいつも、花束やプレゼントがあふれています。それらは皆さんの喜びや笑顔の明るさで、きらきらとしています。


今日、男性たちはあなたたちに感謝と敬愛の念を伝えようと慌ただしくしていることでしょう。


最高の温かい感情をもって告白するでしょうし、妻や母、祖母、姉妹、娘、職場の同僚たちに対し、心を込めて「ありがとう」と言うでしょう。


あなたたちの寛大さは本当に無限だということを私たちは知っています。そう、それは天の恵みです。


あなたたち女性は、そうした寛大さを職場の同僚や近しい人たちに対し、もっと注いでいますね。


あなたたちは信頼できる組織人であり、責任感のあるリーダーであり、とても繊細なことを正しく教えることができ、あらゆる事柄に取り組む創造性も持っています。


偉大なロシア人女性の献身的な貢献を抜きに、ロシアの発展と歴史を語ることはできません。


今日、ありとあらゆる専門分野で高い水準に到達できたのは、事実上あなたたちの力によるところが大きいのです。


成功させること、それはロシア人女性の性分です。あらゆる分野であなたたちは成功を収めています。職場でも家庭でも。


そしてあなたたちは美しく輝き、魅力にあふれ、家族の中心であり続けています。愛情で家族をまとめ上げ、創造や人を助け、元気づける力もあります。


あなたたちには、新たな生命を創造するすべが与えられています。すなわち、子どもを産むことです。


子どもの誕生は、母性や子育てという尊い幸福であり、世界を変え、上質な優しさや慈悲の心で包んでくれます。


さらには、ロシアの力の源泉になってきた伝統的な価値観を支えています。


私たちにとって親というのは何歳になっても尊い存在ですが、母親に対しては言うまでもなく、特別な感情を抱いてきました。


気遣い、無限の愛、理解、許し。母親から享受したそうしたものに対し、感謝しています。何年もたってから、そうした教えや温かい眼差しと手の感触を思い出すのです。


私たちはいつもあなたたちに恩義があります。それは国家全土において、あらゆる人たちが当てはまります。


子どもを育てるためにすべてを捧げる女性たちのために、国は優先して多くのことをしなければなりません。


親愛なる女性の皆さん!


はっきり言って、男性があなたたちにふさわしくなることは、時に難しくもあります。しかし、私たちは女性が心強く信頼できるよう、すべてのことをしようと思っています。


この記念日だけでなく、私たちはいつもあなたたちを大切にし、愛しています。


もう一度すべての女性に対し、今日という日のお祝いを申し上げます。健康とご多幸をお祈り申し上げます。

女だから。男だから。

性別を理由に、何かを諦めた経験はありますか?

女だから。男だから。 闘わなければならなかったこと、自分で自分を縛ってしまった経験は?

ハフポストは、平成が終わる今だからこそ、女性も男性も、みんなが性別にとらわれずに自由に生きられる未来を語りたいと思います。 

性別を理由に、何かを決め付けたり、自分で自分を縛ったりしないで。

みんなが自分の可能性を信じて、自由に選べるように。

ハッシュタグ #わたしを勝手に決めないで をつけて、みなさんの声を聞かせてください。