アートとカルチャー
2020年10月14日 17時21分 JST | 更新 2020年10月16日 12時12分 JST

『岸辺露伴は動かない』ドラマ化でネットに衝撃走る。「NHKの受信料払っててよかった」の声も

主役の岸辺露伴は高橋一生さん。脚本は『ジョジョの奇妙な冒険』を手がけた小林靖子さんです。

nhk.or.jp
実写ドラマ『岸辺露伴は動かない』の告知ページ(NHKの公式サイトより)

荒木飛呂彦さんの漫画『岸辺露伴は動かない』が10月14日、NHKでドラマ化されることが発表された。ネット上では驚愕の声が挙がっている。

 

■『岸辺露伴は動かない』とは?

岸辺露伴は動かない』は、荒木さんの人気シリーズ『ジョジョの奇妙な冒険』第4部の派生作品だ。漫画家の岸辺露伴が、取材先で遭遇する奇妙なできごとを体験するもの。1997年以降、週刊少年ジャンプなどで断続的に読み切りが掲載。単行本は2巻まで出版されている。

 

■キャストや放送時間は?

主役の岸辺露伴を演じるのは高橋一生さん。相棒となる女性編集者・泉京香は飯豊まりえさんが演じる。脚本は『仮面ライダー』シリーズで知られ、 TVアニメ版『ジョジョの奇妙な冒険』も手がけた小林靖子さんだ。

年末にNHK総合で3夜連続放送される。12月28日に第1話「富豪村」、12月29日に第2話「くしゃがら」。12月30日に第3話「D.N.A」の放送を予定している。いずれも午後10時から10時49分まで。

 

■SNSの反応は?

今回の発表を受けて、SNS上では「高橋一生のビジュアルがあまりに良すぎる」「NHKの受信料払っててよかった」「岸辺露伴のキャストと脚本を決めた人に高級なハムと高級な静岡茶を贈りたい」などと感激する声が続出している。