2020年06月30日 09時00分 JST | 更新 2020年07月03日 00時28分 JST

DXの課題を、マウスひとつで解決。業務改善を叶える「ITのDIY」とは?

「デジタルトランスフォーメーション、必要なのは分かってるけど...」→まずはマウス片手に読んでみてください。

 

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、デジタルテクノロジーによってビジネスを変革すること。  

生活も、働き方も、そしてビジネスのあり方も目まぐるしく変化する今、DXの推進はさまざまな業界で急務となっています。顧客からのニーズ、従業員が求める業務形態に応えるためにも、DXの必要性を強く感じている企業は多いはず。

しかし、IT環境をスピーディーに、かつ継続的に改善していくには、「資金」「人材」「スキル」「体制」...様々なリソースが必要。そもそも日々の業務で精一杯で、DXへの第一歩すらなかなか踏み出せずにいる企業も少なくありません。

そんな課題を、「マウスひとつ」で解決できるとしたら?

社内の業務効率化と、目まぐるしく変化するビジネスニーズへの対応を、スピーディーに、かつ簡単に両立させることができるヒントがここにあります。

 

株式会社セールスフォース・ドットコムは、DXの実現に向けての各企業が直面する課題と解決策について説明するeBookを無料配布中です。

▼資料のダウンロードはこちらから 

https://www.salesforce.com/jp/form/platform/how-to-start-dx

・DXの一歩は、“非効率な業務”の改善。そのために必要なこと

・さまざまな業界の企業が抱えていた課題と、DXに成功した事例

・業務機能を広げるアプリの制作期間を数年→数週間に短縮する秘訣

・マウスひとつでアイデアをカタチにする「ITのDIY」とは

                                   など...

DXは、なぜ必要? DXが進まない理由は? 何から始めれば良い?
具体的な事例を交えながらわかりやすく説明します。
「経営幹部からの”無茶なDX要請”には、マウスとアイデアを用意しましょう」

資料のダウンロードはこちらから。