政治
2019年03月12日 13時55分 JST

安倍首相の自民党総裁4選は「十分あり得る。何の問題もない」 二階俊博幹事長が会見

連続3期までとする党則については「党内外、特に海外からの支援もある。余人をもって代え難いときには何の問題もない」と語りました。

朝日新聞
自民党の二階俊博幹事長

安倍首相の総裁4選「十分あり得る」 自民・二階幹事長

 自民党の二階俊博幹事長は12日の記者会見で、安倍晋三首相の党総裁4選の可能性について問われ、「党内外、特に海外からの支援もある。その状況においては、十分あり得る。余人をもって代え難いときには何の問題もない」と述べた。

 昨年の党総裁選で3選を果たした安倍首相の任期は21年9月まで。現在の連続3期までとする党則の改正を主導したのが二階氏だけに、発言は波紋を広げそうだ。二階氏は会見で「今、総理総裁は十分、党員の期待に応えている。しっかり頑張っているのは間違いない」とも語った。

(朝日新聞デジタル 2019年03月12日 12時12分)

関連ニュース