NEWS
2019年07月21日 20時56分 JST

塩村文香さん当確「今の政治への怒りが寄せられた」 都議会でセクハラヤジを浴びた過去を乗り越えて(参院選)

2013年に東京都議会に初当選を果たすも、翌年の都議会で「早く結婚した方がいい」などと野次を浴びた。

参議院選挙の東京選挙区で、立憲民主党の新人、塩村文香(しおむら・あやか)さんの当選が確実になった。NHKなどが報じた。

塩村文香氏の公式ホームページより

塩村さんは広島県生まれの41歳。2013年に東京都議会に初当選を果たすも、翌14年の都議会で「早く結婚した方がいい」などと野次を浴びた。

東京都選挙区は6つの議席を巡って、20人の候補者が争っている

塩村さんは選挙戦で、不妊治療に取り組む夫婦の支援や、「原発ゼロ基本法」の制定などを訴えていた。

塩村さんは当選確実を伝えたNHKのインタビューで「こんなに早く当確が出るとは思っていませんでしたので大変驚いているんですけども、やっぱり今の政治に対するみなさんの怒りとか、これが私たち立憲民主党に寄せられて当選に繋がったのだと思います」と振り返った。

そのうえで「私たちが払った税金は正しく私たちに再配分されるべきだと思っておりますので、安心して歳を重ねられる、そうした政治にしていきたい」と抱負を述べた。