はじめてのSDGS
2020年01月20日 16時31分 JST

「すかいらーく」グループが24時間営業廃止。ガスト、ジョナサン、バーミヤンの計155店

「従業員の健康に配慮した職場環境づくりが不可欠」として決断しました。

時事通信社
ファミリーレストラン「ガスト」のイメージ写真(東京都練馬区、2016年撮影)

ファミリーレストラン最大手の「すかいらーく」グループが4月までに、国内全店で24時間営業をやめることになった。

「働き方改革の一環」だという。すかいらーくホールディングス(東京都武蔵野市)が、1月20日に発表した

  

■1972年から24時間営業スタート

「すかいらーく」グループは、ファミリーレストラン最大手。かつて主力店だった「すかいらーく」は2008年になくなったが、現在は業態変更して「ガスト」「ジョナサン」「バーミヤン」など国内に3197店(2019年末時点)を経営している。

1972年から24時間営業をスタート。2009年にはグループ内の728店で24時間営業していた。しかし、時代の変化とともに2017年には約600店の深夜営業時間を短縮していた。

プレスリリースによると、今回の24時間営業を全廃した背景を「食とサービスを提供する企業として持続的な成長を目指すためには、従業員の健康に配慮した職場環境づくりが不可欠」とした。

すかいらーくホールディングスの広報担当者は、ハフポスト日本版の取材に「深夜営業の時間を短縮することで、店長を含む正社員が日中にパート・アルバイトのトレーニングをできるようになるなど、一層のサービス向上が期待できる」と話した。

   

■ガスト、ジョナサン、バーミヤンの計155店が24時間営業廃止

同社によると、24時間営業していない店舗も含めてグループの566店で深夜営業の時間を短縮する。内訳はガスト332店、ジョナサン153店、バーミヤン68店、グラッチェガーデンズ8店、夢庵5店だ。

このうち24時間営業しているのは155店舗。ガスト62店、ジョナサン92店、バーミヤン1店だった。 

1月から4月にかけて順次、営業時間を短縮していく。短縮される時間は店舗によって違うが、平均2.5時間になるという。