政治
2020年09月14日 15時25分 JST | 更新 2020年09月14日 16時05分 JST

【自民党総裁選】石破茂、菅義偉、岸田文雄の3氏の得票数は?(UPDATE)

主要派閥の支持を受けた菅氏が圧倒的な勝利を収めた一方で、2位争いは、地方票でリードした石破氏を議員票で岸田氏が逆転する形となった。

STR/POOL/AFP via Getty Images
左から石破茂氏、菅義偉氏、岸田文雄氏

自民党総裁選の投開票が9月14日、党大会に代わる両院議員総会で実施され、菅義偉氏が第26代自民党総裁に選出された。

16日に召集される臨時国会で、安倍晋三首相の後継となる第99代首相に指名される見込みだ。

安倍首相の後任を選ぶ自民党総裁選は、394票の「国会議員票」と、47の都道府県連に3票ずつ割り当てられた141票の「地方票」の合計535票をめぐって選挙戦を繰り広げた。(投票総数は534票)

主要派閥の支持を受けた菅氏が圧倒的な勝利を収めた一方で、2位争いは、地方票でリードした石破氏を議員票で岸田氏が逆転する形となった。

総裁選に立候補した3氏の得票数は、届け出順に以下の通り。 
 

石破茂氏 =68票(議員票 26票/地方票 42票)

菅義偉氏 =377票(議員票 288票/地方票 89票)

岸田文雄氏=89票(議員票   79票/地方票 10票)

※議員票と地方票の内訳はNHKニュースの報道を元にした。