NEWS
2019年11月27日 10時34分 JST

著作権侵害物が写り込む「スクショ」はOK。文化庁が転換

ダウンロードについては、漫画作品のうち数コマ程度であれば違法としない方針だ。

朝日新聞社
【グラフィック】文化庁のダウンロード違法化案

著作権侵害物写り込む「スクショ」はOK 文化庁が転換

 インターネット上の海賊版対策のため、ダウンロードを規制する著作権法改正について、文化庁は、著作権侵害のイラストなどが一部に写り込んだスクリーンショット(スクショ)については違法としない方針に転換した。27日、有識者会議に素案を示した。

 規制の対象となるのは、権利者の許可無くネットに上げられた漫画や写真、論文などを、著作権侵害物だと知りながらダウンロードする行為。文化庁は当初、全面的に違法とする方針だったが、この日は、著作権侵害物が付随的に含まれるスクショや、漫画作品のうち数コマのように分量の少ないダウンロードを違法としない案を議論のたたき台として示した。

 一方、違法とする要件を絞り込むべきだと主張してきた学者らが挙げていた、もともと無償で提供されているコンテンツや、常習的に繰り返すわけではない単発のダウンロードについては、違法との位置づけのままだ。

(朝日新聞デジタル 2019年11月27日 10時01分)

関連ニュース