NEWS
2020年09月15日 14時31分 JST

姉妹放置死疑いの母親「以前にも子どもを車に放置し、飲みに出かけていた」と供述

「クーラーをかけていたので大丈夫」→かけていなかったことも判明

朝日新聞社
押収した乗用車で再現実験を行い、車内の温度を調べる捜査員=2020年9月15日午前10時11分、高松市、長妻昭明撮影

「車の窓閉めてクーラーかけず」 姉妹放置死で母供述

 高松市で6歳と3歳の姉妹が乗用車内に放置され、熱中症とみられる症状で死亡した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親の竹内麻理亜容疑者(26)が「以前にも子どもを車に放置し、飲みに出かけていた」と供述していることが、香川県警への取材でわかった。

 また、竹内容疑者は姉妹を放置した際の状況について、当初は「クーラーをかけて車を離れたので大丈夫だと思った」と話していたとされる。だが、その後の調べに「車の窓は閉め、クーラーはかけていなかった。エンジンをかけたまま飲みに行ったことは一度もない」と説明を変えているという。

 県警は車内の温度が当時、どれほど上昇したかを調べるため、再現実験を高松市内の県警察学校で行い、15日午前、その一部を報道陣に公開した。

(朝日新聞デジタル 2020年09月15日 12時26分)

関連ニュース