WORLD
2019年12月01日 11時29分 JST

北朝鮮に仮想通貨の知識を伝達した疑い。アメリカ国籍のIT専門家を逮捕

グリフィス容疑者はアメリカによる北朝鮮への経済制裁違反に当たると知りながら、資金洗浄や制裁逃れの方法について発表したという。

The Block

北朝鮮に仮想通貨の知識伝達疑い 米IT専門家を逮捕

 北朝鮮に渡航し制裁逃れのための暗号資産(仮想通貨)に関する知識を与えたとして、ニューヨーク南部地区連邦地検は29日、シンガポール在住で米国籍のIT専門家、バージル・グリフィス容疑者(36)を国際緊急経済権限法違反の疑いで28日に逮捕したと発表した。

 発表によると、グリフィス容疑者は4月、国務省の許可なしに中国経由で北朝鮮に入国し、北朝鮮当局者と「暗号資産会議」に出席。米国による北朝鮮への経済制裁違反に当たると知りながら、資金洗浄や制裁逃れの方法について発表したという。

 北朝鮮への入国許可書はニューヨークにある北朝鮮代表部の外交官とのやりとりを通じ100ユーロ(約1万2千円)で入手。5月に聴取の際、違法性を認識していたと供述したという。同法違反で有罪になれば、20年以下の禁錮刑となる。

(朝日新聞デジタル 2019年12月01日 06時42分)

関連ニュース