新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年10月18日 11時24分 JST

コロナ禍での指導力に支持、アーダーンNZ首相が続投へ「すべての国民のために政治をする」

アーダーン首相が率いる労働党が単独過半数を確保すれば、1996年に小選挙区比例代表併用制が採用されて以来、初めてとなる。

朝日新聞社
オークランドで10日、選挙運動中に支持者といっしょに記念撮影するアーダーン首相=ロイター

NZ首相続投へ 総選挙勝利、コロナ禍での指導力に支持

 ニュージーランドの総選挙(一院制、基本定数120、任期3年)が17日、投開票された。ジャシンダ・アーダーン首相(40)が率いる労働党が、最大野党・国民党を破って単独過半数を得る可能性が高まっており、アーダーン氏の続投が確実になった。新型コロナウイルスの抑制にも成功した指導力が支持を集めた。

 選挙管理委員会によると、在外投票などを除く即日開票分の集計に基づく17日午後11時半(日本時間同午後7時半)時点の獲得予想議席は、労働党64、国民党35、緑の党10、ACT党10、マオリ党1。

 労働党は前回、46議席と国民党(56議席)を下回り、ニュージーランドファースト党(9議席)と緑の党(8議席)の協力で政権を担ってきた。単独過半数を確保すれば、1996年に小選挙区比例代表併用制が採用されて以来、初めてとなる。

 アーダーン氏は17日夜、「すべての国民のために政治をする」と勝利宣言。「それが今ほど大切な時はない。世界は他人の意見に学ばない人がますます増え、両極化しているからだ。ニュージーランドは(他人の意見を)聴き、議論できる国だ」と述べた。

(朝日新聞デジタル 2020年10月17日 22時34分)

関連ニュース