NEWS
2020年09月15日 16時27分 JST

人間なら80代、パンダ・永明が最高齢更新中。交尾も確認、16頭目の子供誕生か...?

永明は梅梅(メイメイ)(2008年没)と今月6日に20歳になった良浜(ラウヒン)との間に15頭の子をもうけ、昨年11月までに孫22頭、ひ孫3頭が生まれている。

朝日新聞社
竹飾りと「28」の氷を贈られた永明=2020年9月14日午前9時31分、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド、大野宏撮影

人間なら80代、パンダ永明が最高齢更新中 交尾も確認

 和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで14日、オスのジャイアントパンダ、永明(エイメイ)が28歳の誕生日を迎えた。

 永明は1992年に中国で生まれ、94年に来園。梅梅(メイメイ)(2008年没)と今月6日に20歳になった良浜(ラウヒン)との間に15頭の子をもうけた。14年には、飼育下で自然交配し、繁殖した世界最高齢のパンダとなり、記録を更新し続けている。昨年11月までに孫22頭、ひ孫3頭が生まれているという。6月には2年ぶりの交尾が確認され、良浜が妊娠していれば10月ごろに次の子どもが生まれる。

 永明は人間でいえば80代半ばにさしかかったが、まだまだ食欲は旺盛。毎日竹を中心に20~30キロのエサを食べている。この日は「28」の数字をかたどった氷と、「HAPPY BIRTHDAY」のメッセージが入った竹飾りが贈られた。

(朝日新聞デジタル 2020年09月15日 12時55分)

関連ニュース