WORLD
2020年10月17日 17時35分 JST | 更新 2020年10月17日 17時43分 JST

遺体で発見の教師が見せた「風刺画」は、表現の自由の題材だった。抗議・辞職を求めた保護者も

「(教師は)いったいどんなメッセージを生徒に伝えたかったのか。なぜこのような憎しみを……」

時事通信社Ž–
パリ近郊の中学校前で、教師殺害事件について取材に応じるマクロン仏大統領(フランス)

遺体で発見の歴史教師、授業で「風刺画」 保護者は憤り

 パリ北部の中学校脇で、歴史教師の男性が首を切断された遺体で見つかった事件で、地元紙は被害者がイスラム教の預言者ムハンマドの「風刺画」を生徒らに示し、保護者の一部から抗議を受けていたと報じた。授業で何が起きていたのか。

 仏紙パリジャンなどによると、男性は今月上旬、パリ北西部コンフランサントノリヌの中学校で、表現の自由を授業の題材に取り上げた。男性は生徒の中でイスラム教徒に挙手を求めた。該当する生徒には教室から出ていいと指示し、何人かは退室。残りの生徒らに対して「風刺画」を見せた。

 描かれていたのは、ムハンマドが裸でしゃがみ込み、尻から星を出している姿だったという。仏風刺週刊紙「シャルリー・エブド」は過去に同様のモチーフの風刺画を掲載したことがあるが、授業で使われたのが同じ絵だったのかは明らかになっていない。

 生徒の保護者の一部は、学校の保護者会に抗議した。ある男性は13歳の娘がこの授業を受けたとして、ユーチューブに動画を投稿。「(教師は)いったいどんなメッセージを生徒に伝えたかったのか。なぜこのような憎しみを……」と批判し、教師の辞職を呼びかけるよう訴えていた。

(朝日新聞デジタル 2020年10月17日 14時44分)

関連ニュース