NEWS
2020年08月19日 10時11分 JST

【危険な暑さ】西日本から東北南部は “猛暑日エリア“。40℃に迫る、熱中症に厳重警戒

外にいる時はもちろん、室内にいても熱中症の危険が非常に高くなります。

2020/08/19 08:01 ウェザーニュース

今日19日(水)も、西日本から東北南部にかけて広い範囲で35℃以上の猛暑日の地点を予想しています。
昨日に引き続き、40℃に迫る危険な暑さになるところがある予想です。熱中症に厳重な警戒をしてください。

40℃に迫る危険な暑さのところも

ウェザーニュース
気温の予想 19日(水)14時

高気圧の勢力が拡大しているため猛暑日のエリアは西日本から東北南部まで広がる見込みです。西日本の一部では40℃に迫る危険な暑さとなる地点を予想しています。

北海道では内陸部を中心に30℃以上の真夏日の予想の所もあるなど、奄美地方、宮古島地方を除く32道府県に高温注意情報が発表されているため、熱中症予防が欠かせません。外にいる時はもちろん、室内にいても熱中症の危険が非常に高くなります。

<今日の予想最高気温(19日7時発表)>
39℃:日田(大分)
38℃:久留米(福岡)、宇土(熊本)、福山(広島)、京都、奈良 など

熱中症に厳重警戒

ウェザーニュース
暑さ指数(WBGT) 19日(水)14時の予想

暑さ指数を示すWBGTの予想では、今日も各地で赤色の「危険」を示すところが多く、さらに危険とされる紫色で示されているところも西日本を中心に多くみられます。

東京など関東甲信地方で試行されている「熱中症警戒アラート」については今日は発表されていないものの、35℃前後の最高気温を予想しています。
引き続きこまめな水分補給や適切にエアコンを使用するなど、熱中症に十分な警戒が必要です。外に出る際は、日陰を選んで歩いたり、日傘や帽子を使用するなど、直射日光を避けるようにしてください。

また、マスクの着用も放熱を妨げることに繋がります。周囲の人との距離を確保できるところでは、マスクを外すことも検討してください。

熱中症レーダーで暑さ指数をチェック

ウェザーニュース
熱中症レーダー イメージ画像

ウェザーニュースのスマートフォンアプリでは、「熱中症レーダー」で熱中症予防の目的でつくられた指標「暑さ指数(WBGT)」をマップで確認できます。
警戒(WBGT25℃〜)・厳重警戒(28℃〜)・危険(31℃〜)に加え、「熱中症警戒アラート」レベル(33℃〜)の4段階で表示され、その日の熱中症の危険度がひと目でわかります。

ウェザーニュース会員になると、24時間先までの予想もご覧いただるようになるので、勤務先や移動先の予想も確認することができます。
熱中症の危険性が非常に高い予報が出ている場合は、外出を避けて冷房の効いた涼しい室内で過ごすようにするなど、対策にお役立てください。