NEWS
2019年02月21日 12時10分 JST | 更新 2019年02月21日 15時08分 JST

バーチャルYouTuberがテレビドラマ初出演。「四月一日さん家の」が4月にスタート

出演するのは「ときのそら」、「猿楽町双葉」、「響木アオ」の3名。

テレビ東京提供
「四月一日さん家の」より

バーチャルYouTuberたちが主演する初のテレビドラマが4月19日、スタートする。

バーチャルYouTuberが地上波に活動の幅を広げる動きとして注目を集めそうだ。

バーチャルYouTuberは、YouTubeで配信される動画に登場するコンピューター・グラフィックス(CG)のキャラクター。ここ最近、人気のキャラクターが相次いで誕生している。

ドラマで主演するのは、YouTubeで21万人のチャンネル登録者数を誇る若い女性キャラクターの「ときのそら」と、内向的な性格が特徴の「響木アオ」。番組に合わせて「デビュー」する「猿楽町双葉(さるがくちょうふたば)」も出演する。

3「人」はテレビ東京系列の「四月一日さん家の(わたぬきさんちの)」(毎週金曜日の深夜0時52分放送)で、主人公の三姉妹を演じる。

長女役に「ときのそら」が長女、「猿楽町双葉」が次女、「響木アオ」が三女にそれぞれ扮する。

プロデューサーの五箇公貴さんは、「あえてテレビの王道で昭和の香りもする“シチュエーションコメディ”を最新の技術を使ってやってみたら面白いのでは? と思いつきました」とコメントしている。

バーチャルYouTuberとは、YouTubeで動画配信を行う架空のキャラクターのことで、架空を表す「バーチャル」と「YouTuber」が合わさった言葉。2018年末には、「ネット流行語大賞」で1位に選ばれた。