NEWS
2019年02月22日 11時14分 JST

「大好きだよ、はやぶさ2」 ブライアン・メイが応援メッセージ

小惑星リュウグウの立体画像をつくったことを明らかにした上で「ファミリーの一員のような気持ち」と話した。

伝説的なロックバンドのメンバーが、宇宙への挑戦にエールを送った。

2月22日、日本の探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウにタッチダウン(着陸)するのに合わせて、イギリスのブライアン・メイさんからの動画メッセージを、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が公開した。

メイさんは映画『ボヘミアン・ラプソディ』で描かれたロックバンド「クイーン」のギタリスト。ロンドンのインペリアル・カレッジで天体物理学の博士号の学位を取得しており、天文学者としても知られている。

http://live2.nicovideo.jp/watch/lv318609922
JAXAに『はやぶさ2』について応援メッセージを送るブライアン・メイ ニコニコ生放送より

ブライアン・メイさんの応援メッセージは、以下の通り。

こんにちは、ブライアン・メイです。

この晴れの日に「はやぶさ2」に関わる素晴らしい皆さんにお話しできて、とても光栄です。

クイーンのメンバーとして初来日し、日本の若い人々に人気が出たあの日から、映画「ボヘミアン・ラプソディ」が社会現象にまでなった今日まで日本の人々との長い親交がありました。

このような親交があることを、私たちはとても光栄に思っています。

しかし、私は日本の天文学や宇宙探査のファンでもあります。

イトカワを探査した「初代はやぶさ」も遠くから見守っていました。「はやぶさ」が撮ったイトカワの画像から自分で立体画像に加工までしました。

「はやぶさ」ファミリーの一員のような気持ちでいることがとても幸せです。

今回も小惑星リュウグウの画像を立体に加工し、とてもわくわくしました。このプロジェクトに貢献できるのは最高の仕事です。

リュウグウへのタッチダウンは待ちきれません。極めて繊細なマヌーバですが、必ず成功するよう祈っています。私の心は皆さんと一緒です。

そしてもっとたくさんの立体画像を作らせてください。宇宙探査のさらなる発展を祈っています!大好きだよ、「はやぶさ2」。