WORLD
2019年02月23日 18時15分 JST

ペイトリオッツのオーナー、売春容疑で訴追

クラフト氏はマッサージ店で2度性的行為に及び、その代金を支払ったとされる。

USA Today Sports / Reuters
ロバート・クラフト氏(2019年2月3日撮影)

アメリカプロフットボールリーグ(NFL)の覇者「ニューイングランド・ペイトリオッツ」のオーナー、ロバート・クラフト氏(77)が、売春容疑で摘発された。米フロリダ州の警察当局が2月22日、発表した。クラフト氏は同州のマッサージ店で2度性的行為に及び、その代金を支払ったとされる。ハフポストUS版などが報じた

事件は、フロリダ州のマッサージ店に対し、6カ月間に及ぶ性的人身売買の調査が行われるなかで明らかになったもの。クラフト氏を含む約300件の逮捕状が発行されたということだが、アメリカの現地時間の22日現在、逮捕されていない

当局は、証拠のビデオを押収したとしている。クラフト氏の広報担当者は、「クラフト氏は違法行為をしたことを断固として否定している」とコメント。「司法問題であるため、これ以上コメントすることはない」と述べた。

クラフト氏はスポーツや不動産など、他業種に投資しているクラフトグループを率いている。フォーブスによると、1994年にペイトリオッツを1億7200万ドル(約190億円)で購入。推定66億ドル(約7305億円)の資産があるという。