キャリア
2019年03月02日 09時47分 JST

【就活】エントリーシートは本当に必要? 渋谷駅で内定者のESを無料配布するキャンペーン広告

就活はスタート?それともゴール? 誰もが疑問に思ったことがあるはず。エントリーシートって必要なんだろうか…

平成最後の就職活動が解禁された3月1日、渋谷に一風変わった巨大なキャンペーン広告が登場した。その名も「#ES公開中」。広告とIT業界の大手企業で実際に選考を通過したエントリーシート(ES)を、公開している。

ワンキャリア
「#ES公開中」のキャンペーン広告

就活口コミサイト「ワンキャリア」が仕掛けたキャンペーン広告。

受験する企業の数だけ書かなくてはいけないES。「学生時代に力を入れたこと」「志望動機」「入社したらやりたいこと」など、どの企業のESにも同じような質問が並ぶ。就活経験者なら、「何のために…」と浮かぶ疑問を頭の奥に押し込めながら、業界や企業が好みそうな文言を選んでESを作成した経験があるはずだ。

「ふるいにかける」ためだけに大量のESを書かせる従来の企業の採用スタイルに、一石を投じることになりそうだ。

 

■ESは本当に必要か?

インパクトのある黒地の大きな壁面広告は、道を行く人に「エントリーシートを大量に書く時間が、本当に就活生に必要なのだろうか」と、疑問を投げかける。

未来の日本のビジネスを担う就活生たちが

もっと自分と向き合い、将来の可能性を育てる

創造的な時間の使い方ができるように。

ワンキャリアは就職活動から、無駄や格差を無くしていく。

そのために。

ITと広告の大手10社の内定者ESは、広告に備え付けられたラックに入っていて、誰でも自由に持ち帰ることができる。

■狙いは?

キャンペーンの狙いは「就活に、透明性をもたらすこと」。

ワンキャリアのサイトでは、業界各社の内定者のESが約3万6000件も公開されている。 

ワンキャリア

■学生や企業の反応は?

反応は上々だ。

若者と政治をつなぐメディア「POTETO」の代表で現役大学生の古井康介さんは「ESとかは集合知でサクッと超えてしまえばいい」。

サーバーエージェントやガイアックスも、ハッシュタグを付けた投稿で前向きな姿勢を見せる。

 

■就活成功はスタート?それともゴール?

現在就活中の大学3年生の男性は「学生は企業分析をして、それぞれの企業に合わせて自分をカスタマイズする。内定を取るためだけの就活対策に、8割以上の時間を割いている印象です」と語る。

「就活は長いキャリアのスタートに過ぎないのに、現在の就活は内定がゴールになってしまう。自分と向き合い、就職後も見据えた将来のキャリアを考えることに時間を使いたい」

「内定者のESを真似して選考を通過するなら、その程度のものだということ。ESなんて答えが用意されているものじゃないの?」