WORLD
2019年03月12日 11時56分 JST

英サッカー、ピッチに乱入した観客が選手を暴行⇨そのままプレー続けて決勝点もぎとる

「サッカーの神様」は彼を見放さなかった...

百戦錬磨の「10番」の選手も、ボールを持っていない時に後ろから殴られるとは思ってもみなかっただろう。

3月10日に開催されたサッカーのイングランド2部リーグ、バーミンガム・シティーとアストン・ヴィラの試合で、ピッチに乱入した観客から選手が暴行を受ける一幕があった。

イギリスの新聞・ガーディアンによれば、試合開始からわずか9分、観客がピッチに乱入し、アストンヴィラのキャプテン・ジャック・グリーリッシュ選手に暴行。その後、暴行したファンは警備員に捕えられた。

動画を見ると、男性が選手めがけて一直線に駆け寄り、首をめがけて強烈なラリアットを掛けているように見える。その後両チームの選手たちが入り乱れ、乱闘騒ぎとなった。

幸いにもグリーリッシュ選手にけがはなく、そのままプレーを続行した。

Alex Davidson via Getty Images
ライバルチームのファンに暴行を受け、倒れこむアストン・ヴィラのジャック・グリーリッシュ選手(写真左下)

すると、この後に驚きの展開が待っていた。

暴行を受けたグリーリッシュ選手が、この試合で唯一の得点となる決勝点を決め、アストン・ヴィラが1-0で勝利を収めたのだ。

試合後、暴行を受けたグリーリッシュ選手に対して、ライバルチームのバーミンガム・シティーは声明を発表し、謝罪した

熱狂するダービーマッチで「悲劇」のヒーローが、一転チームを勝利に導いた。

サッカーの神様が、事態をしっかりと見ていたのだろうか。