NEWS
2019年03月12日 18時40分 JST | 更新 2019年03月12日 19時24分 JST

はとバス初の男性バスガイドが誕生へ 「男性にも女性にも同じように門戸を開いていきたい」

女性のバスガイドが運転士へ初めて転身することも発表

 東京観光で知られる「はとバス」に、初めて男性バスガイドが誕生することになった。株式会社はとバスが2019年度の新入社員として、男性のバスガイド候補生2人を採用すると、3月11日に発表した

また、女性社員の1人が4月1日から、バスガイドから運転士に職種を変更することになった。いずれも、創業70年の歴史で初めての試みだという。

株式会社 はとバス
はとバスの男性バスガイド候補生として採用が決まっている松尾龍治さん(写真左)と三國蘭さん(写真右)

2019年度のバスガイド候補生は26人が入社予定だが、男性の入社希望者のうち、選考基準に達した2人を採用した。

入社後は訓練を通じて「気品とおもてなしの心を兼ね備えたバスガイド」へと育成していくという。社内でのテストに合格すれば、早ければ4月上旬に初乗務となる予定だ。

一方、バスガイドとして勤務している1人の女性社員は、3月8日に同社が実施する運転技能職の登用試験を受験し合格したため、4月1日から職種を変更する。

今回の採用の背景や意図を、はとバス広報室の峰岸智美さんに聞いた。

━━創業70年で初の取り組み。男性のバスガイド候補生を採用した背景は?

元々、はとバスとしてバスガイド技能職の募集を女性に限定していたわけではないんです。

これまでも男性の応募はありましたが、あくまでもその受験者が我々が設けた選考基準に達していないという評価でした。

━━それでも今回採用に踏み切ったのは、職種による男女間のギャップを無くそうという方針などが反映されたものなのでしょうか?

いえ、そういうわけでもありません。

「女性だから」「男性だから」という見方で選考はしていませんし、女性の方が有利だということでもないです。

あくまで今回は、男性受験者が初めて選考基準をクリアしたということです。

━━具体的に「選考基準」ってどのようなものなのですか?

選考内容は主に、筆記試験と面接、あとは歌の試験です。

歌の試験が皆さん気になると思うのですが、これは好きな曲を各々が選んでバスの中で歌うというものです。

━━ちなみになぜ、そのようなユニークな試験を実施しているのでしょうか?

 東京のバスツアーでは、実際に旅中にお客様の前で歌を披露するというタイミングがあるんです。

その際に、お客様の心を掴んで楽しませることができるかということを主に見ています。

━━初めてとなる男性バスガイドに期待することはなんですか?

基本的には、はとバスのガイドとして、いかにおもてなしの心を持てるかが重要です。

なのでそこは男女関係ないところですが、新たな存在になることは確かですから、これまでに無かった視点をお客様へのサービスにぜひ生かしてほしいと思っています。

株式会社はとバス
都内を走るはとバス

━━バスガイドの女性が職種変更で運転士になります。この経緯は?

今回職種を変更する女性社員は、入社当初から観光バス運転士に憧れがありました。

入社3年目で大型 2種免許を取得できる満21歳という条件をクリアし、無事免許を取得したので、本人の意向を尊重しました。

実は、女性の運転士はすでにおります。その運転士は「指導運転士」として後進の指導に当たっているベテランです。

━━今後これを機に男性のバスガイドを増やしたり、女性の運転士を増やそうという事にはなりそうですか?

多彩な才能であったり多様な人材を採用しようという考えはありますが、意図的に増やしたりすることは、現状考えていません。

職種で分ける事なく、男性にも女性にも同じように門戸を開いていきたいと思っています。