NEWS
2019年03月14日 11時43分 JST

ディズニー『アナ雪』オラフ役の声優交代。東京ディズニーリゾートの今後のイベントなどへの影響は?

2019年11月22日には『アナと雪の女王2』として続編が日米同時公開が控えているが…

映画「アナと雪の女王」で人気キャラクター「オラフ」の日本語吹き替え版の声優を務めていた俳優のピエール瀧容疑者がコカイン使用の疑いで逮捕され、ウォルト・ディズニー・ジャパンが3月13日に声優の交代を発表したことを受け、影響が広がっている。 

2019年11月22日には『アナと雪の女王2』として続編が日米同時公開が控えており、今後の影響が懸念される。

ハフポスト日本版は東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドの広報担当者に取材し、イベントやプログラムへの影響と対応について聞いた。

時事通信社
東京ディズニーランドで始まった「アナとエルサのフローズンファンタジー」の初日記念セレモニーに映画「アナと雪の女王」日本語吹き替え版の神田沙也加、松たか子、ピエール瀧とエンドソングを歌ったMay J.がサプライズで登場しパレードした=2015年1月13日、千葉県浦安市

━━パレードやショーなどのプログラムで、『オラフ』が登場する事もあると思いますが、現時点での影響は?

 東京ディズニーランドで、現在お昼に実施しているパレード『ドリーミング・アップ!』には、『アナと雪の女王』のキャラクターたちの出演がありません。

一方、夜に実施している『東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ』はオラフの出演がありますが、パレードの歌に関しては英語詞なので、担当声優は海外の方です。

なので、影響はありません。

disney公式サイト
映画『アナと雪の女王』に登場するオラフ(写真中央)

━━クリスマスのシーズンなど、今後のイベントへの影響はありそうですか?

東京ディズニーランドでは、2015年から2018年まで『アナとエルサのフローズンファンタジー』と題して、冬季期間限定でイベントを開催しておりました。

その際は、パレードなどのプログラムにオラフが登場しており、確かにオラフの声をピエール瀧さんが担当していました。ただ当イベントは既に終了していますので、こちらについても影響はありません。

現在は2019年11月上旬からの開催に向け、『ディズニー・クリスマス』と題したイベントを計画している段階ですが、詳細はまだ検討中です。

ですので『アナと雪の女王』に関係するキャラクターの登場や声優に関係する事柄について、決定していることはありません。