NEWS
2019年03月21日 13時59分 JST | 更新 2019年03月21日 14時05分 JST

元横綱・貴乃花の花田光司さんが鉄拳と絵本を制作 読み聞かせ動画も公開

絵本のタイトルは『光のテーブル とっても大切なカエルのおはなし』。実は2003年にも、1冊の絵本を出版していた

大相撲の元横綱・花田光司さんが、お笑い芸人・鉄拳さんと共同で絵本を制作した。3月20日、日本テレビ系列で放送された「ザ・発言X〜勝負の1日〜SP」の番組内で発表された。

制作された絵本の題名は『光のテーブル とっても大切なカエルのおはなし』で、「家族の愛」がテーマになっている。

鉄拳さんは公式Twitterで、絵本のイラストを担当したことを報告し、自身が抱いていた貴乃花さんの印象が変わったことに言及した。

制作した絵本を花田さん自ら読み聞かせする動画が、YouTubeで公開されている。

番組では、絵本作家に挑戦するとしてスタジオを沸かせた花田さんだが、実は絵本の制作に携わったのは今回が初めてではない。

2003年の1月場所を最後に惜しまれつつ現役を引退したが、その後5月に絵本を書き下ろしていた

題名は『小さなバッタのおとこのこ』。

出版元の世界文化社によれば、この作品が花田さんの初の書き下ろしで、30年の人生で感じたことが描かれている。特別付録として「愛する家族たち」も参加した楽しいCDも付いているという。

世界文化社
『小さなバッタのおとこのこ』 世界文化社

絵本作家への挑戦は、『第3の人生』だという花田さん。

絵本に登場するキャラクターがバッタからカエルに変わっても、「家族」と「愛」は変わらず伝えたいテーマのようだ。