NEWS
2019年03月22日 01時06分 JST | 更新 2019年03月22日 02時29分 JST

「遠回りしないと本当の自分に出会えない」イチロー引退会見【一問一答②】

貫いたのは、野球への愛…

HuffPost Japan
引退会見のイチロー選手

現役引退を表明したマリナーズのイチロー選手の会見の一問一答は次の通り。

イチローが貫いたことはなんでしょうか

野球のことを愛したことだと思います。

これは変わることはなかったですね。…おかしなこと言ってます、俺?(笑)

日本に戻ってプレーするという選択肢はなかった?

なかったですね。

最低50までって本当に思ってたし、でもそれは叶わずで、有言不実行の男になってしまったわけですけど、その表現をしなかったらここまでこれなかったかなとも思います。

難しいかもしれないけれど、言葉にすることは目標に近づく一つの方法だと思います。

これからどうするか

今は分からないですねぇ。でも多分トレーニングしていると思いますよ。じっとしていられないから、動き回っていると思いますよ。ゆっくりしたいとか全然思わないです。多分動き回っています。

イチローの生き様は

生き方という風に考えれば…先ほどもお話ししましたけれど、人より頑張ることなんてとてもできないんですよね。

自分に限界を生みながら、ちょっとそれを超えていく。そうするといつの間にかこんな自分になっていくんだ、となっていく。少しずつの積み重ねが…。それでしか、自分自身を超えていけないのではないかと思います。

一気に高みに行こうとすると、今の自分の状態とギャップがありすぎてそれは続けられないと、僕は考えているので。地道に進むしかない。進むだけではないですね、後退をしながら。ある時は後退しかしない時もあると思うので。

でも、自分がやると決めたことを信じてやっていく。それが正解とは限らない。間違ったことを続けてしまう場合もあるんですけど、そうやって遠回りしないと本当の自分に出会えないので。(ファンの方の横断幕を見て?)ファンの方の気持ちですよね。ひょっとしたらそんなことを見ていただいていたのかなというふうに。それは嬉しかったです。

芸名はどうなるんですか? 監督という道も?

カタカナの「イチロー」ってどうなんですかねぇ。「元イチロー」になるんですかね。どうなるんだろうね。

あれ(笑)どうしようか…何になる…。うーん…

でも監督は絶対無理ですよ。これは「絶対」がつきますよ。人望がない。本当に人望がないんですよ、僕。

(そうでもないと思いますよ)

いやー、それくらいの判断力は備えているので。

ただ、どうでしょうね…まぁプロの世界というよりも、アマチュアとプロの壁がどうしても日本の場合は特殊な感じで存在しているので。

今、ややこしいじゃないですか。どうなっているんですか? 確か自分の子供には教えられないというルールですよね。そういうのってなんか変じゃないですか。

引退時期について

引退というより、クビになるんじゃないかということはありましたね。

NYって特殊な場所です。マイアミも違った意味で特殊な場所です。毎日そんなメンタリティーの中で過ごしていたんですね。だからクビになる時は、そんなのはしょっちゅうですね。

今回引退を決意された理由というのを聞きたい

マリナーズ以外にいく気持ちはなかったというのが大きいですね。去年シアトルに戻していただいて、本当に嬉しかったし…先ほどキャンプ前での話をしたが、5月にゲームに出られなくなると。あの時でもおかしくないんですよね。でも春に向けて可能性があると言われて、そこも自分なりに頑張ってきたんですけれども…質問なんでしたっけ?