NEWS
2019年04月11日 10時23分 JST

JR中央線・総武線・京浜東北線などで人身事故による大幅な電車遅延 複数駅で入場規制も

運転は再開されたが、まだ遅れが生じている列車も

@Atariya_JoeさんのTwitterより
入場規制が行われるJR国分寺駅

4月11日、朝からJR各線でトラブルが相次いだ。

JR東日本によると、午前6時41分頃、JR神田駅の京浜東北線の線路内で人身事故が発生した。この影響で、京浜東北線と山手線が約1時間に渡って運転を見合わせた。その後、7時40分頃に運転を再開した。

また午前7時45分頃、JR荻窪駅で傘が架線に引っかかるトラブルが発生。これにより、JRの中央線快速・総武線各駅停車などで運転が見合わせとなるなどの影響が出た。その後、午前8時40分頃に運転を再開した。

6時40分から8時40分という約2時間、朝の通勤ラッシュを直撃した。

9時40分現在、山手線は通常運転となっているが、その他、中央線快速電車、中央・総武線各駅停車、京浜東北線、埼京線にそれぞれ遅れが出ている。

なお、中央・総武線各駅停車は、東京メトロ東西線への直通運転(三鷹~中野駅間)中止となっている。

トラブルの影響で、複数の駅で入場規制が行われた。