WORLD
2019年04月14日 11時04分 JST

イスラエルの73歳のゴールキーパーが快挙達成 「プロサッカー選手の最年長出場」としてギネス世界記録を更新

試合にフル出場し 「もう次の試合の準備ができている」と語った

偉大な記録を打ち立てたのは、73歳の現役プロサッカー選手だった。

イスラエル4部リーグのイロニ・オル・イェフダに所属する73歳のプロサッカー選手のイサク・ハイクさんが「世界最年長のプロサッカー選手による試合出場」としてギネス世界記録を更新したと、ロイター通信などが4月5日報じた。

Reuters
「世界最年長のプロサッカー選手による試合出場」のギネス世界記録を更新したイスラエル4部リーグのイロニ・オル・イェフダに所属するイサク・ハイク選手。

イサク選手は5日、マッカビ・ラマト・ガン戦にゴールキーパーとして試合にフル出場した。試合には5-1で敗れたが、好セーブを連発。

試合後、セレモニーでギネス世界記録が正式に認められ、イサク選手は「もう次の試合の準備ができている」と語り、「このことは私の誇りとなるだけではなく、イスラエルのスポーツ界にとっても名誉なことだ」とコメントした。

一方、イギリスのBBCはこのニュースに関連して、現在横浜FCに所属する三浦知良選手を、最年長得点記録を持つ現役プロサッカー選手として紹介している。

時事通信社
横浜FC-ザスパクサツ群馬。前半、Jリーグ史上初の50歳ゴールを決め、笑顔で「カズダンス」を披露する横浜Cの三浦知良=3月12日、ニッパツ三ツ沢球技場

更新される以前の記録は、ウルグアイのパン・デ・アズカールに所属するロベルト・カルモナ選手の53歳だった。