WORLD
2019年05月08日 11時21分 JST

「アンフィールドの奇跡」主力不在のリヴァプールがバルサを大逆転 欧州CL準決勝

決勝戦は6月1日、トッテナム(イングランド)とアヤックス(オランダ)の勝者と対戦する。

getty
決勝進出を決めたリヴァプール

5月7日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の準決勝セカンドレグで、リヴァプールがバルセロナに4-0で勝利した。ファーストレグを含めた2試合の合計は2試合の合計は4−3となり、ファーストレグの3点差を逆転して、主力不在のリヴァプールが奇跡の決勝進出を決めた。

試合は、リヴァプールのホーム・アンフィールドの大声援を受け、前半7分にFWディボック・オリギが先制した。

後半9分には右SBのアレクサンダー・アーノルドのクロスをワイナルドゥムが拾って2点目。さらに、2分後の後半11分にもワイナルドゥムがヘディングシュートで3−0とし、2試合合計を3-3に。

さらに、後半34分には、アーノルドがバルセロナのDFセルジ・ロベルトにボールを当ててコーナーキックを獲得。リヴァプールの別の選手が歩いてスポットに向かい、試合全体の緊張感が緩んだ一瞬の隙をつき、ボールをセットしたアーノルドがクイックリスタート。このクロスをオリギが決めて4-0と2試合合計を逆転した。

 

モハメド・サラーとロベルト・フィルミーノなど主力選手の欠場もあり、リヴァプールの決勝進出は「限りなく厳しい」と見られていた。このため、大逆転劇はSNSや一部のメディアで「アンフィールドの奇跡」と呼ばれている。

一方、バルセロナは昨シーズンもローマとの準々決勝でファーストレグの3点差をセカンドレグで逆転されている。2年続けて敵地での悲劇に見舞われるかたちとなった。

決勝戦は6月1日、トッテナム(イングランド)とアヤックス(オランダ)の勝者と対戦する。

トッテナムとアヤックスの準決勝は5月9日午前4時(日本時間)にキックオフする。