NEWS
2019年05月19日 15時41分 JST

「プレー中に傘をさす選手は初めて見ました」実況アナも驚愕。日ハム・西川遥輝選手、試合中に傘をさしてファンと談笑(動画あり)

傘は、対戦相手のホークスのファンから差し出されたものだった...

熊本市のリブワーク藤崎台で5月18日に行われたプロ野球・福岡ソフトバンク対北海道日本ハムファイターズの試合で、珍しい光景が繰り広げられた。

北海道日本ハムファイターズの背番号7・西川遥輝外野手が、試合中に傘を差しながらファンと談笑したのだ。

“珍事”が起きたのは、日本ハムが1点リードで迎えた4回裏のソフトバンクの攻撃中、2アウト、ランナー1、2塁の場面。

打席に立った牧原大成選手が膝に自打球を当て、治療のために試合が中断された。

その際、センターを守る西川選手にファンが折り畳み傘を差し出した。

それを受け取った西川選手は、傘を差してそのままファンと談笑。試合が中断されていた約3分間の間、選手がファンと“立ち話をする”という、珍しくも和んでしまう光景となった。

傘を差し出したのは、ソフトバンクを応援するファンと見られ、思わぬ形で敵味方を超えた交流となった。

公開された動画では、西川選手とファンが共に笑顔で会話を交わす様子が映っている。

この日の球場付近では試合前から雨が降っていたが、4回裏のソフトバンクの攻撃中も雨足は強かった。

この光景には、この試合の実況アナウンサーも「プレー中にあの...傘を差す選手は初めて見ました。嬉しいひと時でしたね、ファンにとってはね」と解説者と笑いを交えながら様子を伝えた。

試合はその後再開され、後続の打者がライトフライに倒れ3アウトとなり、ソフトバンクの攻撃が終了。攻守交代を迎え、西川選手はファンに傘を返却しベンチに下がった。

この珍しい光景に、当日現地で試合を観戦していたとみられるファンは、「最高のファンサ(ファンサービス)を受けたかもしれない」などと、ネット上で話題としていた。

試合は途中雨による中断を挟んだが、2-1でソフトバンクが勝利した。