WORLD
2019年06月06日 17時56分 JST

環境に優しい「パンクしないタイヤ」が爆誕。ミシュランとジェネラルモーターズが共同で開発

「パンクしないタイヤ」の公道におけるテスト走行は、年内にも始まる見込みだ

仏のタイヤメーカー・ミシュランと米の自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)は、『アプティス・プロトタイプ』と呼ばれる新タイヤを共同で開発する。CNNなどの海外メディアが、6月6日報じた

ミシュランとGMが、4日にカナダのモントリオールで開かれたイベントで試作品を発表した。

Engadget
The Michelin Uptis Prototype is tested on a Chevrolet Bolt.

CNNによれば、『アプティス・プロトタイプ』は見た目は従来のものと同じように見えるが、中央に溝があり、サイドウォールと呼ばれる側壁が存在しない。

同タイヤは破裂してパンクする恐れがなく、使う原材料も従来より少ないため、「運転者にも環境にも優しい」とGMは主張している。

公道におけるテスト走行は年内にも始まる見込みとなっている。

ミシュランによれば、パンクや損傷などによって、年間200億本のタイヤが捨てられている現状があるが、GMとミシュランの新タイヤの開発で、タイヤを廃棄する人の数を減らす事ができるという。同社は、早ければ2024年にも仕入れを開始したい考えだ。

他社も根本的な「タイヤ改革」を進めている。

米タイヤメーカーのグッドイヤーは、2019年の初め頃に、車が空を飛ぶことを想定した「エアロ」と呼ばれる新たなタイヤを発表していた。