NEWS
2019年06月22日 17時03分 JST

「これは剣ではありません」コロナビール、缶同士がレゴみたいに連結する新デザインが話題に

プラスチック包装材を減らすためのキャンペーン動画が話題となっています。

メキシコのコロナビールが、新しい缶デザインを紹介するキャンペーン動画が話題になっている。

キャンペーンは「Fit Packs」。

海洋汚染の一因となっているプラスチックごみを減らすため、缶同士がまるでレゴのように連結し、包装材なしで持ち運べるデザインとなっている。

 

キャンペーン動画によると、飲料業界では毎年、1700万トン以上のプラスチック包装材を使用しているという。

コロナビールはこれまで、6缶1セットで運べる輪っか状のプラスチック素材などで包装されていた。

新デザインは包装材が全くいらない。底の部分が蓋状になっており、他の缶の上に重ねてひねると、缶同士が連結するつくりになっている。

一度に連結できる上限は10缶ほど。バッグなどを使わずに持ち運ぶことができるため、ビニール袋の削減にもつながる。

マーケティング担当者は動画の中で、「飲料業界でプラスチック素材を削減する方法はたくさんありますが、代わりに別の素材で包装したりすることが多く、統一して採用されているものはありません」と説明。

新デザインについて、「とてもシンプルですし、プラスチック包装材を完全に取り除くので、コスト面でも有益です」とアピールしている。

動画では、男性が重ねた6つの缶を振り回しながら、「みなさん、僕が持っているのは剣ではありません」と話す場面も収められている。 

ブランドマネジャーは、「誰もが使えるものにしたいので、業界全体がこの缶のデザイン図を入手できるようにしています。みんなで取り組めば環境にとってプラスになる」と期待を寄せている。

動画がTwtter上で拡散すると、「ロケット鉛筆みたい」「日本で販売されたらチャンバラが始まる」「ビールが武器になる時代が来た」などと反響が広がった。