アートとカルチャー
2019年07月08日 09時10分 JST

新海誠監督『天気の子』が完成。公開12日前、ツイッターで報告

数日前には、「早く観客に渡したいけれど、あと一息手放したくない」と、完成を間近にした心境を吐露していました😊

「天気の子」公式サイト

7月19日に公開される新海誠監督の新作アニ映画『天気の子』が、ようやく完成を迎えた。

新海監督が7日午後11時45分に公式Twitterを更新し、「終わったー!!完成です!」と作業を終えた写真とともに映画完成を報告した。

7月2日に東京都内で行われた製作報告会見では、新海監督が「今もスタジオでスタッフが作業中」と明かすなど、公開前に試写会がない異例の態勢となっていた。

新海監督は4日にもTwitterで「これで完成でいいかなという気分と、あとすこし、まだ良くなる、もっと良くなるという気分に揺れています。早く観客に渡したいけれど、あと一息手放したくない」と完成を間近にした心境を告白。「各所にご迷惑かけすぎない範囲で(もうかけまくってるけど)、あとほんのすこしです」と予告していた。

『天気の子』は、『君の名は。』以来の新海監督の新作。公開初日の7月19日には、新宿(東京)と梅田(大阪)で午前0時に上映を開始する。さらに、19日午前9時には、東宝史上初の試みとして、上映全劇場359館で初回一斉上映を行う。140の国と地域に向けた配給も決定している。

新海監督の投稿には「大切に見ます」「楽しみにしています」など、完成を喜ぶファンの声が数え切れないほど寄せられている。