NEWS
2019年07月17日 21時46分 JST | 更新 2019年07月18日 13時19分 JST

「元SMAP」3人出演させないよう圧力か、ジャニーズ事務所に公取委が注意とNHKなど報道

ジャニーズ事務所が、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんの3人を出演させないように、民放テレビ局などに対して圧力をかけていた疑いがあると報道された

ジャニーズ事務所が民放テレビ局などに対して、元SMAPのメンバーで事務所を退所した稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんの3人を出演させないように圧力をかけていた疑いがあることがわかったと7月17日、NHK時事通信共同通信など報道各社が報じた。

公正取引委員会は独占禁止法違反につながる恐れがあるとして、7月17日までにジャニーズ事務所に注意をしたという。

国民的アイドルだったSMAPは2016年12月に解散。3人は翌年9月にジャニーズ事務所を退所。独立して、元担当マネージャーが設立した芸能事務所で「新しい地図」としての活動を始めた。

当初、3人は民放でのレギュラー番組にも引き続き出演していたが、出演番組は次々に打ち切りとなり、現在の民放レギュラーはゼロとなっている。

7月9日に亡くなった事務所社長のジャニー喜多川さんは、3人の退所時に「自分達の決意で異なる道を歩み始めますが、どこにいようとも、又どのような立場になろうとも、彼らを想う気持ちに変わりはありません。長年にわたって頑張ってきてくれた3人ですので、これからも沢山の人々に感動と幸せを届けてくれることと確信しています」とのコメントを発表していた。

ジャニーズ事務所「今後は誤解を受けないよう留意」

公取委の関係者はハフポストの取材に対して、圧力をかけていた疑いがあるとの情報をもとに調査、その結果、ジャニーズ事務所に対して注意したことを明らかにした。

これらの報道に対し、ジャニーズ事務所は17日夜、公式サイトでコメントを発表した

ジャニーズ事務所の発表では、「弊社がテレビ局に圧力などをかけた事実はなく」として、圧力をかけたことを否定した。

一方で、「当局からの調査を受けたことは重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したいと思います」として、公正取引委員会から調査を受けたことを認める形となった。

 

【UPDATE 2019/07/18】
ジャニーズ事務所の公式見解と、公取委の関係者への取材について追加しました。