NEWS
2019年07月20日 08時04分 JST

「若者よ、選挙に行くな」。たかまつななさんが“プチ炎上中”の挑発動画に込めた願い

21日は参院選の投開票日。投票にはもう行っただろうか?

ところで、こんな動画が“プチ炎上中”だという。

3人のシニアの男女が「あなたたちは選挙には行かない」「だから私たちが政治を動かしているの」「あなたたち若者は存在しない人」「いつまでも『ゆとり』『さとり』と開き直ってなさい」などと次々と挑発ーー。

「若者よ、選挙に行くな!」と逆張りのメッセージで若者に投票を呼びかけるキャンペーン動画だ。

動画を制作した「笑下村塾」のお笑いジャーナリスト、たかまつななさんに狙いを聞いた。

 

「 あみだで決めてもいいから、投票しよう」

「ここまでバズるとは思わなかった」

開口一番、たかまつさんは苦笑した。

動画の元ネタは、2018年にアメリカ大統領選の中間選挙で若者に投票を呼びかける「ノック・ザ・ボート(投票をやっつけろ)」キャンペーン。

たかまつさん制作の動画は、「これでも、あなたは選挙に行きませんか」という煽りメッセージとともに7月12日にTwitterやYouTubeで公開された。たちまち話題となり、19日現在でSNSやYouTubeなどで400万回近く再生された。

ネット上では、「こんなん見たら絶対に投票行ってやるって思うわ」「世代間の分断を煽る論調が露骨すぎる」と賛否両論が寄せられている。

たかまつさんは「政治に興味がない層には、ストレートに『投票に行こう』と呼びかけても伝わらない」と狙いを語る。「ノック・ザ・ボート」のメッセージを、日本版に合うようにセリフを書き換えた。

時事通信社
笑下村塾取締役のたかまつななさん=7月2日、東京都新宿区

例えば、本家には「もしかしたら、あなたたちはデモには行くかもしれない。でも投票はしない」というくだりがあるが、日本版では「あなたたちは政治家の不倫のニュースには熱心よね」と変更した。 

「とにかく一人でも多くの若者が投票に行くことが大事。どこに投票すればいいのか分からなければ、あみだで選んでもいい」とたかまつさん。

今回の参院選でも、「超簡単!1分でできる政党の選び方」と題したチャートを作成。「短絡的」との批判もあるが、たかまつさんはこう訴える。

「目先の”今”を逃げ切る政策ではなく、未来を作る政策が必要。未来を担う若者が投票に行かなければ、政治にとって若者は『存在しない人』になってしまう。なんでもいいから投票に行き、若者の存在を可視化することで、政治側が変わるはずです」

 

“プチ炎上”も「やってよかった」

過去の国政選挙の年代別投票率を見れば、若者の投票率が低いのは一目瞭然だ。前回の衆院選(2018年)と参院選(2016年)の20代の投票率はどちらも3割台。もっとも投票率が高いのは60代で、どちらも投票率7割を超えている。

公益財団法人「明るい選挙推進協会」
公益財団法人「明るい選挙推進協会」

たかまつさんは、選挙権年齢が18歳に引き下げられた2016年に「笑下村塾」を設立。「笑える!政治教育ショー」をテーマに、人狼ゲームを使ったワークショップなどで主権者教育の出張授業を全国の高校で行ってきた。

現在は、18歳の投票率が低い10県の高校で出張授業するための資金をクラウドファンディングで募っている。

チャートも動画も「プチ炎上中」だが、たかまつさんはこれらを逆手に取ってクラウドファンディングへの協力を呼びかける。

「出張授業やクラウドファンディングでは、届けられるリーチに限界ある。もっと多くの若者に届ける手段が必要でした」とたかまつさん。「賛否両論をいただいているが、やってよかった。今までのやり方では届かなかった人たちに届けることができたと思う」と手応えを感じている。