NEWS
2019年08月04日 16時40分 JST

指原莉乃、名倉潤のうつ病休養に「『頑張れ』と言ってもらえる時代はいいな」 2カ月の期限には疑問視

「精神的な病で倒れた時に、2ヶ月で十分だと誤って広まるのでは?」とワイドナショーで懸念も示しました。

お笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤さんが8月1日、うつ病の治療のため2ヶ月間休養することを公表したこと受け、指原莉乃さんが8月4日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。

名倉さんが休養期間を“2ヶ月”としたことについて、自身の考えを明かした上で、懸念を示した。

時事通信社
指原莉乃さん

「休業っていうのが公に認められる時代はいいな」

番組にコメンテーターとして出演した指原さんは、名倉さんがうつ病を発症したことについて、「今ではお仕事を続けるか辞めるかっていう選択しかなかった中、こうやって休業っていうのが公に認められて『頑張れ』って言ってもらえるっていう時代はいいなって思います。なかなか精神的なものは言いづらいので。言えるっていうのは、いい傾向だなと思う」とコメント。

一方で、名倉さんが休養期間を2ヶ月としたことについては、「2ヶ月って本当に精神的なものって治せるのかなって...。完治って、精神的なものだと本当に難しいし、本当に治ったかはどうかは分からないので」と、休養期間の長さについては懸念を示した。

「2ヶ月で大丈夫」と誤った情報が広まるのでは?と懸念も

さらに指原さんは、「2ヶ月っていう療養期間が、精神的な病で倒れた時に、『2ヶ月あれば大丈夫だよね』って誤った情報が広まってしまいそうで、それが気になりました」と語った。

これについては、同じく番組に出演したお笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志さんも、「なんで期限を設けたんやろうね?」と疑問の声をあげていた。

所属事務所によると、名倉さんは2018年6月に頚椎椎間板ヘルニアの手術を行い、10日間の休養を経たのちに復帰。

手術の経過は良好だったが、手術の侵襲という普段の生活圏にないストレスが要因で、うつ病を発症。

一定期間の休養が必要という医師の診断により、再び休養することになったという。

ワイドナショー公式サイト
ワイドナショー公式サイト