ライフスタイル
2019年08月11日 11時35分 JST

犬の熱中症に要注意 「見過ごしがちなのは、散歩」と専門家

犬の熱中症対策ってどうすればいい? 専門家は、「見過ごしがちなのは散歩」と説明しています。

ウェザーニュース

2019/08/11 05:32 ウェザーニュース

ここ最近の厳しい暑さは、人間にとっても体にこたえますよね。しかし、犬はもっと暑さの影響を受けているかもしれません。

人の熱中症対策は連日メディアでも取り上げられているので、ご存知の方も多いと思うのですが、意外と忘れられがちなのが犬の熱中症です。

愛犬がダウンして慌てないように、犬の熱中症対策を獣医師で“わん活エバンジェリスト”の田邊弘子先生に聞きました。

 

1歳未満と7歳以上の犬は要注意

―犬が熱中症になる原因は何でしょうか?

「直射日光、高温、多湿、無風(空気の動きが無い)などが原因と考えられます。室内飼育でエアコンを使用していたとしても、熱中症になる可能性はあります。屋外飼育なら犬小屋に直射日光が当たるとか、コンクリートの上にある、なども危険です」

―環境的なものの他には何があるでしょうか?

「犬の個体差も関係します。1歳未満、7歳以上、短頭種(鼻が短い犬種)、肥満、持病がある、過去に熱中症になったことがある、などがありますね。これらに該当する場合は、より一層の注意が必要です。犬は人より老化の速度が速いので『去年大丈夫だったから、今年もこれくらいなら大丈夫』とタカをくくることはせずに、7歳以上なら要警戒です」

 

犬の熱中症予防法

―では、犬の熱中症を予防するにはどうすればよいでしょうか?

「まず普段過ごす場所ですが、エアコンをかけるとか、直射日光が当たらないようにすることが大事です。

また見過ごしがちなのが散歩です。犬は人より路面に近いので、アスファルトの照り返しのダメージを受けやすいのです。アスファルトの温度が55℃だと、人の顔付近は30℃ぐらいでも、犬の高さでは40℃になっているというデータもあります。

散歩は日の出前か夜にして、歩く場所もできるだけアスファルトを避けるようにしましょう」

ウェザーニュース

犬にはスポーツドリンク不要

―人は熱中症予防に水分を摂りますが、犬はどうなのでしょうか?

「犬も人と同じで、十分な水分補給が大事です。ただし、人は大量に汗をかくので、アルカリイオン水や塩分の入ったドリンクを飲むと良いのですが、犬は基本的に足裏からしか汗をかかないので水で十分です。

また、栄養をつけようと牛乳を与える人もいますが、これもNGです。犬によっては下痢をしてしまい、逆に水分やミネラルを排出して、一気に危険な状態になりかねません。水をたっぷり、いつでも好きなだけ飲めるようにすることがポイントです。水分は足りているか、熱中症にかかっていないかを犬の様子から観察してください」

 

犬の熱中症の症状と対処法

―犬の熱中症は、どのような状態になるのでしょうか。

「体が普段より熱くなっている、ゼエゼエと苦しそうな呼吸をしている、大量のよだれが出てぐったりしている、などがありますが、ひどくなるとけいれんを起こしたり、意識を失います。症状が軽ければ、涼しい場所で水を飲ませて水や保冷材で首筋や脇、肢の付け根を冷やします。落ち着いたら動物病院を受診しましょう。

意識を失うなど重症の場合は命に関わるので、体全体を水で濡らして、動脈が通っている首筋や脇、肢の付け根を冷やしながらすぐ動物病院を受診してください」

犬も人と同様、熱中症の危険にさらされていることを忘れずに、居住環境や散歩の時間などには十分注意しましょう。