NEWS
2019年08月18日 15時56分 JST

「サンドウィッチを出すのが遅い」腹を立てた客がウェイターを射殺。パリ郊外のレストランで

現場から逃走した容疑者は依然として見つかっていない。事件が起きた店舗があるエリアでは、「犯罪が急増している」と地元住民の証言も。

フランス・パリ郊外のレストランで8月16日、サンドイッチの提供が遅いことに腹を立てた利用客が、店のウェイターを射殺するという事件が起きた。

BBCなどの海外メディアが18日、相次いで報じた。

Tiphaine LE LIBOUX
事件が起きたフランス・パリ郊外のレストラン

イギリスの新聞・ガーディアンによれば、事件はパリの市街地から東に15キロほど離れたノワジールグランという街のレストランで発生。

警察に通報した目撃者の証言によれば、ウェイターは肩を拳銃で撃たれ、心肺蘇生が行われたものの、その場で死亡した。

ウェイターを射殺した容疑者は、「サンドウィッチを出すのが遅い」と腹を立てていたという。

容疑者は現場から逃走しており、17日土曜日の時点でも依然として捕まっていない。

この銃撃事件について警察は、殺人事件として捜査を開始したと明らかにした。

近隣に住む住民はフランスのメディアに対し、「何のトラブルもなく、静かなレストランです。数ヶ月前にオープンしたばかりだった」と話したという。

一方でBBCは、「事件が起きた店舗があるエリアでは、犯罪が急増していて、麻薬の取引や酒に酔って通りで酩酊状態になることが増えている」という住民の話を紹介している。