NEWS
2019年08月26日 14時21分 JST

東京ディズニーシー「撮影マナーの悪さで噴水閉鎖」はデマ ネットで憶測が広がっていた

オリエンタルランドに理由を聞いてみた。

時事通信社
ディズニーシーの様子

ディズニーシーの人気撮影スポットとなっている「ジャスミンの噴水」が“封鎖”されたと、ネット上で話題になっている。

ここ数日Twitterに投稿された写真を見ると、ジャスミンの噴水が植木で囲われ、見たり撮影したりできなくなっている様子だ。

人気スポットのジャスミンの噴水は、撮影マナーを懸念する声が以前から上がっていたため、それが原因ではないかという憶測が広がっている。

真相はどうなのか。

運営するオリエンタルランドに聞いてみると、先週末ごろに囲いがされたことは事実だった。

だが、囲いの設置は撮影マナーが原因ではなかった。

広報担当者はこう説明する。

「改修の一環です。各アトラクションや施設などは、経年変化など、必要に応じて修繕をします。小さな改修工事はパーク内のいたるところでしていて、そのうちの一つです」

改修工事がいつ終わるのかは明かしていないが、またジャスミンの噴水が拝める日が来る見込みだ。

ジャスミンの噴水の縁に座る行為や、撮影マナーについては「他のお客様の迷惑になったり、安全性を損なわれたりする場合には、キャストからお声がけさせていただいています」 と話した。