NEWS
2019年09月25日 16時53分 JST

二日酔いは「病気」 ビール大国ドイツの裁判所が認定

二日酔い緩和をうたった栄養補助食品の広告表示についての裁判で、フランクフルトの高等裁判所はまさかの「二日酔い=病気」認定を繰り出した。

Reuters
ドイツはいまビールの祭典オクトーバーフェストの真っ最中

二日酔いは病気か否か。

頭がガンガンと締め付けられ、下を向けば吐き気が止まらない。

とにかく気分が悪いことは分かっているが、その問いに答えたのはまさかの裁判所だった。

ビールとワインの国ドイツ。その中央に位置する金融都市フランクフルトの高等裁判所は9月23日、二日酔いを「病気である」と判断した。シュピーゲルなどが報じた。

この裁判は、二日酔いの症状を軽減・緩和するのための栄養補助食品をめぐる広告表示の案件。問題になった栄養補助食品の製造会社は広告に「健康に関して違法に優秀性を強調する表示をした」として、広告表示の違反に問われていた。

 高裁は判決で「二日酔いは病気であって、食品に治癒する効果があると宣伝するべきでない」として違法とした。

地裁判決では「食品に関する情報は、病気の予防、治療に効果があるような印象を与えるものであってはならない」としていた。

高裁判決も地裁判決を支持する形で、飲み物を含むこうした製品は「病気を治療または予防できるものとして、販売してはならない」と判断した。 

病気の治癒がポイント。じゃあ二日酔いは病気なのか!?

特定の飲食品広告において、病気の予防や治癒の効果をうたってはいけない。

そこで問題になったのが、二日酔いは病気かというポイントだった。

その不安を一蹴するように、フランクフルトの高裁は高らかに「二日酔いは病気」と裁定したのだ。

広告において、二日酔いは「疲労・吐き気・頭痛」などの症状で説明されていた。

裁判所はこうした症状が「人としての自然な状態を逸している」と解説。そしてその原因は「有害物質であるアルコールによって引き起こされる」とし「病気は身体の正常な状態から一時的または軽度に乱れた状態でもあるといえる」とした。

ちなみに裁判所のあるフランクフルトでは現在、ミュンヘンに次ぐ規模のビールの祭典オクトーバーフェストの真っ最中だ。“病気”になる人が連日続出しているとみられる。

Franziska Krug via Getty Images
フランクフルトのオクトーバーフェストを満喫する人