WORLD
2019年10月07日 11時46分 JST | 更新 2019年10月07日 12時03分 JST

ガリガリに痩せた野生のクマ。衝撃的な写真がカナダで撮影される。

写真家がFacebookに投稿。「クマは飢えて苦しんでいる。それを目の当たりにするのはとても辛い」と心情を明かした。

カナダ西部のブリティッシュ・コロンビア州で9月、がりがりにやせ細ったクマが見つかった。餌であるサケの遡上の記録的な減少が原因とみられている。

写真家の男性が9月24日にFacebookに投稿し、話題になっている。

投稿したのは、写真家のロルフ・ヒッカーさん。

写真には、親子とみられるクマ3頭が写っており、がりがりにやせ細っている。

ヒッカーさんは投稿の数週間前に母親クマと子熊2頭を目撃し、数日前にも母親のクマを見たという。

ヒッカーさんは投稿で「ブロートンで記録的なサケの遡上の減少という情報をみたが、私は信じる」と切り出した後、近くを流れる川にサケの姿が全くないと報告した。

「クマは飢えて苦しんでいる。それを目の当たりにするのはとても辛い」と心情を明かした上で、「餌のサケなしでどうやって冬を越すことができるのか、想像もできない」と心配した。

写真を公開した理由をについてこうつづった。

「美しい野生動物や大自然の写真を見てもらいのはもちろんだが、写真家の責務として、こうした側面も見せることも重要だ」

サケを捕食することもある鯨への影響も懸念した。

 最後に「私たちは天然のブリティッシュ・コロンビア産のサーモンを守らないといけない」と呼びかけた。

CNNは、気候変動の影響がクマにも起きていると伝えている。カナダの漁師らの8月に発表した気候変動の影響に関するレポートも紹介し、問題の深刻さを報じている。

クマを監視しているママリリクラ(Mamalilikulla)先住民族の男性マネジャーは、「クマはここ数カ月で劇的な変化が起きている。クマは苦境に立たされている」とCNNの取材に述べた。