NEWS
2019年10月12日 12時36分 JST

千葉で竜巻? 車横転して男性死亡、子どもを含む複数のけが人

千葉県市原市永吉で、「家がつぶれ、子どもが家具の下敷きになっている」と110番通報がありました。

千葉・市原で竜巻か 車横転して男性死亡・住宅1軒全壊

 12日午前8時10分ごろ、千葉県市原市永吉で、「家がつぶれ、子どもが家具の下敷きになっている」と110番通報があった。千葉県警などによると、竜巻とみられる強風で、損壊している建物が20軒以上あり、子どもを含む複数のけが人が出ているという。近くの同市下野では、横転した軽自動車の中にいた40代とみられる男性の死亡が確認された。

 県や消防などによると、7人世帯の住宅1棟が全壊し、3歳と7歳の男子、8歳女子、23歳男性の4人が下敷きになったという。全員が救助され、いずれも軽傷。この家では77歳女性が自力で外に避難し、軽いけがとみられる。

 消防によると、強風被害の通報を受けて現場に向かっていた消防隊員が同市下野で横転した軽乗用車を発見した。車内にいた男性は、まもなく死亡が確認された。

 一帯では横なぐりの雨の中、複数の民家の屋根や外壁が飛ばされ、家の中がむき出しになっていた。民家の前の車庫はつぶれ、止まっていた車は数十メートル先に飛ばされて横転。近くの電柱も傾いていた。自宅や車が被害にあった男性(60)は家にいる時、シャッターや壁に物がぶつかるような音がしたという。「突然バリバリバリという音が続き、何が起こったんだろうと思った」。静かになった後、外に出ると、周りの家の屋根が飛ばされ、電柱が折れていた。「台風がまだ来ていないのにどうなっているんだろう。これからが心配だ」

 60代男性の自宅では屋根が吹き飛び、窓ガラスが割れた。「寝ていたら、突然ゴーというすごい音で目が覚めた。雨は降っておらず、突然だったのでびっくりした」(佐藤瑞季、福冨旅史、小木雄太)

(朝日新聞デジタル 2019年10月12日 12時28分)

関連ニュース