NEWS
2019年10月15日 16時16分 JST

慶應大アメフト部が無期限活動自粛「複数部員が著しく不適切な行為があった」 詳細は一切明かさず

詳細については「教育的観点と関係者のプライバシーの観点からこれ以上は現時点ではお答えできない」と答えた。

慶應義塾大学のアメリカンフットボール部は10月15日、活動を自粛すると公式サイトで発表した

慶應義塾大学アメリカンフットボール部公式サイト
慶應義塾大学アメリカンフットボール部が活動自粛を発表

慶應アメフト部は公式サイトで、「アメリカンフットボール部の活動自粛について」と題して、コメントを発表。

同部は「部内において複数の部員による著しく不適切な行為があったことが認められたため、無期限で活動を自粛いたします」と説明し、「今回の件を厳粛に受け止め、再発防止と部の再生に全力で努めてまいります」とした。

この件について、慶應義塾大学の広報担当者にハフポスト日本版が取材したところ、「現在、第3者を含む調査委員会による調査が行われている」と明かした。

また、「“著しく不適切な行為”とは具体的にどんな行為だったのか、何人の部員がこの件に関係し、被害者は出ているのか。警察が動いていたり、相談をしているか」という質問に対しては、「教育的観点と関係者のプライバシーの観点からこれ以上は現時点ではお答えできない」とした。 

現在、同大アメフト部は秋季リーグ戦を戦っているが、無期限での活動自粛が決定したことから、「今後の日程については不参加となる」とした。