NEWS
2019年10月17日 17時56分 JST | 更新 2019年10月18日 09時21分 JST

ドラフト会議2019、全球団の1位指名選手は?佐々木朗希はロッテ、奥川恭伸はヤクルトが交渉権を獲得。

ヤクルトが交渉権を獲得した奥川投手は指名後の記者会見で「勝てる投手になりたい」とプロ入りへの意気込みを語った。

2019年のプロ野球ドラフト会議が、10月17日午後5時から東京都内で始まった。注目されていた1位指名は、佐々木朗希投手(大船渡)はロッテが、奥川恭伸投手(星稜)は、ヤクルトが、抽選の末に交渉権を獲得した

そのほか、同じく注目選手の森下暢仁投手(明治大学)は、広島が交渉権を獲得した。

時事通信社
左から奥川恭伸投手(星稜)、佐々木朗希投手(大船渡)、森下暢仁投手(明治大)

最速163km/h右腕・U-18の日本代表の佐々木朗希投手は、ドラフト会議前にすでに西武・ロッテ・日本ハムの3球団が1位指名を公表していたが、結果4球団が指名。くじ引きの末、ロッテが交渉権を獲得。

一方、2019年の夏の甲子園でチームを準優勝に導いた奥川恭伸投手は、ヤクルトが1位指名を事前に公表していたが、ここに巨人・阪神が加わり3球団の抽選となった結果、ヤクルトが交渉権を引き当てた。

各球団のドラフト1位指名選手(外れ1位を含む)は、以下の通り。
(※記載順は、2019年シーズンの順位に準拠)

【セントラル・リーグ】

巨人         堀田 賢慎 青森山田高校

横浜DeNA       森   敬斗 桐蔭学園高校

阪神         西 純矢   創志学園高校

広島         森下暢仁 明治大学

中日         石川昴弥 東邦高校

ヤクルト                          奥川恭伸 星稜高校

 

【パシフィック・リーグ】

西武         宮川 哲      東芝

ソフトバンク     佐藤 直樹   JR西日本

東北楽天       小深田大翔  大阪ガス

千葉ロッテ      佐々木朗希  大船渡高校

北海道日本ハム    河野 竜生    JFE西日本

オリックス      宮城 大弥   興南高校

ドラフト会議のLIVE解説動画はこちら

【プロ野球ドラフト会議2019 関連記事】

ドラフト会議2019、佐々木・奥川だけじゃない。注目選手から隠し球まで150キロ超投手たちが目白押し。